●鳥海修(書体設計士)

1955年生まれ。山形県出身。多摩美術大学卒業。
有限会社字游工房代表取締役。
大日本スクリーン製造株式会社のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシック、字游工房の游書体ライブラリーなど、ベーシック書体を中心に現在まで40書体以上の書体開発に携わる。第一回佐藤敬之助顕彰。ヒラギノシリーズで2005年グッドデザイン賞受賞。京都精華大学教授。

第一回 普通の文字って何だろう

鳥海  大阪で〈文字の食卓〉の展示をしたそうですね。
    「写植の時代」展のパンフレットも持ってますよ。
    行ったひとからもらったんだけど、読みました。

――― わ、ありがとうございます。光栄です。

鳥海  一体どんなひとが書いてんだろうと思ってたんだけど。

――― えへへ(笑)。
    今日は貴重なお時間をいただいてありがとうございます。

鳥海  正木さんは子供のときから書体を意識していたんだよね。
    それが変わってるなあと思って。

――― 書体の名前を知ったのは大人になってからですけど、
    でも実は、かなり最近まで、
    みんなそうだと思っていたんです。

鳥海  みんなそうじゃないよ(笑)。

――― そうみたいですね(笑)。
    でもサイトを始めてわかったんですが、
    「すごくわかる」ってメールをくださる方もいて、
    しかも意外と、デザイン関係じゃない方も多いんですよ。

鳥海  へえー、おもしろいね。

――― 鳥海さんにお会いできたらお伝えしたいなと
    思っていたことがあります。
    今は写研書体がちょっとめずらしいもののように
    なってしまっていますけど、
    私にとっては、子供のころから
    写研の文字が「普通」だったんですね。

    だからDTPの移行期に
    写研書体がどんどんなくなっていったとき、
    「なんで最近の本は普通の文字をつかわないんだろう?」
    ってずっと思っていたんです。
    正体のわからない喪失感というか…。

    そんなときに〈游明朝体〉が出てきて、
    これは普通っぽい書体だなと、初めて思ったんです。
    もちろんまったく別のものではあるけれど、
    ちょっと懐かしいひとに会ったような気がしました。

鳥海  そんなふうに思ってもらえたことはすごくうれしい。
    〈游明朝体〉は「普通」であることを
    意識してつくった書体。

――― それで興味をもって調べるうちに
    『鈴木勉の本』と出会って感銘を受けました。
    『鈴木勉の本』も、それぞれの書体に
    「○○の文字」というタイトルがついていますけど、
    私にとっては何だろう? 
    もし私だったら、別の書き方をするなと思ったときに、
    〈文字の食卓〉の発想が出てきたんです。

鳥海  〈游明朝体〉も、「○○の文字」とかあるんですか。

――― 〈游明朝体〉は、なんか、おはぎっぽい感じです(笑)。

鳥海  おはぎ…(絶句)

――― スミマセン(笑)。

鳥海  おはぎかー。…おはぎは、おれ、好きですね(笑)。

――― 私も好きです(笑)。あんこの甘さというか。

鳥海  (真顔で)それはつぶあんなの、こしあんなの?

――― 絶対こしあんです(笑)。

鳥海  きっと洋じゃないな、和だなとは思ってたの。
    でも正木さんがどうしてそんなふうに感じるのか
    おれにはわからないから、
    それをいつか読んでみたいなという気はします。
    そのときは悪いことも何でも書いていいからね。
    書体は批判されることも必要。

――― (恐縮して)ありがとうございます。
    でも、批判は今まで書いたことがないです。
    〈文字の食卓〉は読者の目線で書いているし、
    読者には「読まない」っていう
    最大の批判方法があると思ってるので。
    それ、あまり伝わらないんですけどね(笑)。

なしPage Top次へ

コンテンツのトップへ